admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穏やかな天気の中、馬の草刈りへ。そこで発見した寄生植物。

ナンバンギセル(ハマウツボ科)
080202_0943~0003

名前の由来は、花の形がキセルに似てることからだそうだが、ギセルと濁音になっている。。。

馬の食べる草の近くには“ススキ”が多いのだが、そのススキの根から栄養をいただく横取り上手な植物です。


馬の草刈りと言っても道路脇や庭の“草刈り”とひと味違う。
自分の身長より遥かに高い草の密集地帯に突入し“刈る”のである。

【ハブ】は怖いし【アリ】も咬んでくるし、【ハチ】は攻撃して【蚊】は容赦なく刺して来る。草負けした肌はミミズ腫れしてヒリヒリする。

でも、何も考えず『うりゃー』と密集した草を刈るのは、なんだかスッキリするのである♪馬も干し草より美味しそうに食べるし♪

そんな、人が普通入らない様なところで作業をしているので、いろんな植物や昆虫を目にする機会も多い。


ヤエヤマアカバネクロベニボタル(ベニボタル科)
ヤエヤマアカバネクロベニボタル(べニボタル科)080225_住吉
鹿の角のような触覚がカッコイイ!

タンダラテントウムシ(テントウムシ科)
タンダラテントウムシ(テントウムシ科)080225_住吉
模様の変異が多く見られるテントウムシ。全体的に、“せつない顔”に見える…


交尾中を失礼して写真を撮らせていただきました。
バックミュージックにはやはり、『テントウムシのサンバ』がかかっておりましたとさ。。。

春だねぇ~



西表島のカヌーツアー&宿 モンスーン HP

犬ガッツのブーログはココ



スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 西表島 カヌー&スノーケル 西表島モンスーンBlog, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。